株式会社東京日商エステム 様 

株式会社東京日商エステム

ご担当者様:
専務取締役 石川 龍平 様
販促部 課長代理 駒村 健太 様
課題:
不動産投資を求めているお客様をしっかり捉えて広告を打てておらず、広告の費用対効果の改善が必要になった。
LIBERO導入の背景: 広告の費用対効果の改善
LIBERO導入の決め手: ユーザーが求めている情報に合わせたステップ配信ができること
LIBERO導入後の効果: LINE経由で約1億円以上の売上!

LIBERO導入の背景
広告の費用対効果の改善


“事業内容を含め、自己紹介をお願いいたします”

弊社は、土地の仕入れから物件の開発、販売、賃貸物件の管理、売却まで、不動産に関わるさまざまな事業を行う不動産デベロッパーです。分譲マンションや一戸建ての販売、不動産・土地の有効活用等を行う日商エステムのグループ会社で、グループとしては創業28年目を迎えます。
私が所属する販促部は10名で構成されています。販促部の中でWeb課、セミナー課、広告課に分かれていて、それぞれ専門性を発揮しながら広告関連やお客様の手に取るツール関連の施策をメインで行っています。
その中で、私が担当する不動産投資の事業ではセミナーの開催や資料請求のランディングページ(LP)の運用を行っており、居住用不動産の事業ではモデルルームの運営や物件のパンフレット作成、広告運用などをしています。

“LIBERO導入以前にはどのような課題がありましたか?”

これまで、リスティング広告やランディングページ(LP)、メルマガなど、さまざまな媒体で広告を打ってきました。ですが、不動産投資を求めているお客様をしっかり捉えて広告を打てていないことが課題でした。

例えば、以前リスティング広告で出稿していたキーワードでは、サイトへの流入は大きく増えたものの、ターゲットの範囲が広がりすぎて質が落ちてしまいました。その原因としては、主婦の方や学生の方など弊社がターゲットにしていない方も入って来たことがあげられます。不動産投資はローン審査があるので、誰にでも行えるものではありません。だからこそ、本当に不動産投資に興味がある方に最適な広告を打ちたいと思っています。

LIBERO導入の決め手
ユーザーが求めている情報に合わせたステップ配信を行いたい


“LIBEROを導入した理由はなんでしょうか?”

ユーザーが求めている情報に合わせたステップ配信を行いたいと考えていたからです。現在、LINE公式アカウントと連携して活用していますが、最初に友だち登録していただいたお客様に、どのような情報を求めているかのアンケートを取り、その内容によってセグメントを分けています。
また、友だち登録の10分後にステップ配信を行う仕組も作っています。こういった仕組を作っている理由としては、LINEにご登録していただくタイミングはお客様によって異なるためです。週1回などの定期配信ではお客様が必要としている情報が行き届かなくなってしまうケースが多いです。

例えば、セミナーに参加してから友だち登録をしたのに次の週にセミナーの内容が配信されてくるのは、ユーザーの求めている情報ではないですし、体験的にも良くないですよね。
なので、ご登録いただいたお客様にゼロから順を追って不動産投資の情報を届けるにはステップ配信が最適だと考えています。
画像:スマホ

LIBERO導入後の効果
LINE経由で約1億円以上の売上!

LINE公式アカウントを開設し、ギブリーさんに運用をお任せしてから
2年弱になります。LINE公式アカウントを活用してからは、コンバージョンに置いている資料請求やセミナー、個別相談に今まで到達しなかったお客様をフォローできている実感があります。1年ほど前にLINE ADを導入してからは登録者が激増し、それに伴って資料請求も増えていきました。
LINE公式アカウント経由での契約も8件と、上々の結果です。

“今後はLIBEROをどのように活用していきたいですか?”


SYNALIOのラベルを付与する段階で文章だけではなく、画像と文章を組み合わせた直感的なUIで趣味嗜好を問うような仕掛けを作っていきたいですね。
また、現在はお客様が求める情報で分類してセグメントを切っていますが、今後はラベルを活用し、より細かくセグメント分けを行ってお客様に合わせたメッセージ配信をしていきたいと思っています。
加えて、LINEのLIFF経由でコンバージョンした方にラベルを付与できれば、もっとお客様一人ひとりに適した1to1のコミュニケーションを行えると考えています。そういった新しい取り組みについても、ギブリーさんと相談して実現していきたいと思っています。

運用実績一覧

cta_bg

LINEアカウント活⽤でお悩みの⽅は お気軽にご相談ください