LIBERO機能一覧

機能・サービス内容の紹介

友だちを把握する

LINEは、1日を通して起動頻度が高く、生活のインフラとして様々な情報を受け取っているチャネルです。
そのため、不必要な情報を受け取るとノイズだと捉え、情報を受け取ってもらえなくなります。
ユーザーに正しく情報を受け取ってもらうために、様々な角度から友だち一人ひとりを理解することが重要です。
機能01

機能紹介

ラベル機能

ユーザーが行った特定のアクションを、その「ラベル」という形で個別にユーザーの属性として記録しておくことができます。
例えば、既存のLINE友だちがすでに会員なのかどうかをアンケートしてラベル付けし、ユーザー分析を行う。
また、リッチメッセージなどのキャンペーン内容をクリックしたかをラベル付けしてセグメント配信する、といった活用ができます。

友だち登録経路分析

いつ、何を通じて友だち登録をしたのかは、ユーザーから得られる最も初めの情報です。LIBEROでは、友だち登録経路を判別し、記録しておくことができます。
例えば、特定の店舗やイベントで友だち登録を行ったユーザーに、専用のクーポンを表示する、といった活用ができます。

対話型アンケート

みなし属性だけでは見えてこない“インサイト”が見えることで、より精度の高いセグメントを作成することが可能です。LIBEROでは、対話型のアンケートを通じて、インサイトを記録しておくことができます。
例えば、商品の利用目的やお悩みをヒアリングすることで、オフラインを同等以上の上質な接客をオンラインで実現することができます。

1to1接客を行う

友だちを把握することができたら、一人ひとりにあった情報の提供や、コンテンツのパーソナライズを実施します。
たった1つのLINE公式アカウントが、様々な見え方に変化することで、いつでも最適なコミュニケーションを可能にします。
機能02

機能紹介

チャットボット

よくある質問などのような、一問一答形式のサポートコンテンツだけでなく、診断コンテンツなどを表現することができます。
さらに、LINE内でコンテンツを完結させたい場合に、チャットボットを土台として、階層の深いコンテンツを表現することもできます。

セグメント配信

LIBEROの特徴的な機能の1つである“ラベル機能”を用いるなど、友だちを把握するために取得した様々なデータを用いて、これまでにない切り口でのセグメントを作成し、メッセージを配信することができます。
例えば、4人家族で3ヶ月以内に購入を検討しているユーザーにのみ、キャンペーンのお知らせをプッシュ通知でお知らせすることができます。

ステップメッセージ

特定のアクションを行ったユーザーに向けて、最終的な購入・申し込みに促すためのメッセージをLINE で自動配信できます。
たとえば、友だち登録から申し込みまでのフォローとして、購入を促すメッセージを1週間、毎日配信するといったことができます。

エンゲージメントを高める

LINEをもう一つのHPとして見立て、全体のクリエイティブもリッチに設計することで、ユーザーのエンゲージメントを高めます。
さらに、機能拡充によるアカウントの利便性の向上・差別化を図ることで、上質なユーザー体験を提供します。
機能03

機能紹介

セグメントリッチメニュー

ユーザーのニーズや属性などに応じて、一人ひとりに割り当てられたリッチメニューを表示することができます。
リッチメニューを起点としてユーザー行動を展開させることで、LINEで機能するWebサイトのような、より上質なユーザー体験を提供できるようになります。
ユーザーアンケートや会員属性別メニュー、来店予約など様々なシーンで活用できます。

各種リッチメッセージ

LINEで表現できる様々なメッセージのテンプレートをご用意。
さらに、イメージマップメッセージでは、自由なレイアウトでのボタン配置が可能であるほか、カードタイプメッセージも直感的な操作でだれでも手軽に制作が可能です。

有人チャット

より上質な接客対応が必要なケースにも対応。LINEを通じた1to1のメッセージのやり取りができます。
コミュニケーションを通じて得られたユーザー情報をメモ欄に記載するほか、ラベルを付与するといったことができます。

顧客管理を行う

LINE IDをベースに、LINE上での行動ログやユーザー情報など、様々な情報をLIBERO上で一元管理が可能。
さらに取得した情報をもとに、多角的な分析や、その結果を施策に活かすこともできます。
機能04

機能紹介

CRM機能

取得したラベルや友だち登録日時、友だち登録経路、アンケート結果など、様々な情報を集約し、ユーザー単位で情報を閲覧することができます。
また、複雑な検索条件に対して、検索条件の保存機能でいつでも手軽に対象のユーザーを抽出することができ、ユーザーグループを作成することもできます。

ログダッシュボード

アンケートの回答結果をフローチャートで分析いただくことや、全体的な友だち登録者数やチャットボットの利用率に至るまで、様々な分析が可能。
また、CVSダウンロードも可能なため、すでにお持ちのユーザーデータと掛け合わせて分析することもできます。

各種レポート

主に、取得したラベルをもとに6種のグラフパターンで多角的にユーザーを分析することが可能。
ユーザー属性に応じた分布や時間の経過とともに変化した数値などを直感的に分析することで、次の施策の指標として利用していただくことができます。

料金・プラン

SYNALIO for LINEは用途にあったプランをお選びいただけます。

ベーシックプラン

¥100,000-
税抜き月額費用
※年間契約/従量課金

エンタープライズプラン

¥300,000-
税抜き月額費用
※年間契約/従量課金
外部サービスや、導入サービスや運用サポートといったコンサルティングプランなども
有償のオプションサービスとして選択いただけます。
cta_bg

LINEアカウント活⽤でお悩みの⽅は お気軽にご相談ください